スーパーラグビー掲示板
48336アクセス
投稿:1390回
投稿 検索

1390☆ああ

チーフス 19―32 クルセイダーズ

チーフス、泥沼の7連敗……。どうしても勝てない。今年2月の秩父宮でサンウルブズ相手に勝った事に対しての祟りなんじゃないのかとさえ思ってしまう(笑)。

後半、ミスジャッジなんじゃ?と思われるトライを取られた事で心が折れたのかとSNSでの書き込みがあったが、前半の被トライの場面でもその時に限ってディフェンスが甘くなっていた。ここぞという場面で、やるべきプレーが出来てなかったよ。

もう、後1試合しかない。全敗を避ける為にも死に者狂いで臨んで貰いたい。


(SO-03K)
2020/08/02 07:56
編集削除

1389☆ああ

チーフスが勝てない……。
昨日もブルーズに 17―21 で競り負け、未だに未勝利。いいところまで行くのに勝てない……まるでサンウルブズじゃん(笑)。

ミスの積み上がりが0勝という不名誉な結果に繋がっているのだろう。今一度の奮起を!


(SO-03K)
2020/07/27 07:48
編集削除

1388☆ああ

スーパーラグビー、25年の歴史に終止符。

NZ協会が、来年度からのスーパーラグビーに代わる新大会の開催を発表した。
NZ5チームに加え、AUS3若しくは4、更にはパシフィックエリア(NZマオリの案もあるとか)の参戦による開催となるそうだ。AUSは5チームを主張しているらしいが、AUS国内でのラグビー・ユニオン不人気が影響して、5チーム案が認められるのは難しいそうだ。

これにより、南アフリカ勢プラスハグアレスの除外は本決まり。元々南アフリカ勢はスーパーラグビーから抜けたがっていたから渡りに舟だったろう。このままPRO14等に参戦するのかは分からないが。但し、ハグアレスはこのままでは完全に除け者になってしまうからより深刻だろう。

この新大会にサンウルブズなり日本勢が参戦する可能性はほぼゼロだそうだ。大体日本国内の日程とモロ被りだし、ね。但し、将来的に拡大する案もあるそうだから、それが具体化した際に日本勢の参戦の可能性も有る事は有るらしい。

NZは、アオテアロアラウンドが興業的に大成功となっているだけに、自信を持って一気に計画を具体化したのだろう。
結局、サンウルブズ除外で新フォーマットでのSR開催を目論んだ銭ゲバサンザーが一番浅はかだったという事だ。コロナウイルス禍によるとは言え、ファンが喜ぶフォーマットを示せなかった訳だから。

(SO-03K)
2020/07/18 07:43
編集削除

1387☆ああ

オーストラリアラウンドのスーパーラグビーAUだが、参戦するブランビーズは再開初戦に、『抽選で』1000人ないしは2000人を招待するそうだ。

NZのように、最初から全面開放する勇気はないの(笑)?

(SO-03K)
2020/06/19 21:17
編集削除

1386☆ああ

オーストラリアラウンドの、スーパーラグビーAUでも限定ルール適用との情報がある。早く対応しなければならない選手達は大変そう。


(SO-03K)
2020/06/16 22:31
編集削除

1385☆ああ

アオテアロアの第2節、クルセイダーズが出てくるが、王者でも苦戦は必至なのではなかろうか?

(SO-03K)
2020/06/16 14:11
編集削除

1384☆ああ

2試合観戦して感じたのが、新ルール適用の厳格化。
ある人がまとめていたが、2試合でオフサイドが14試合。つまりは1試合7件。

密集を作らせない目的からだが、これに対応出来ないと苦労しそう。実戦で対応出来るNZ、AUS、RSAはいいが、日本はトップレベルのトップリーグが未開催。出遅れは否めまい。


(SO-03K)
2020/06/15 19:03
編集削除

1383☆ああ

↓ハイランダーズ 28―27 チーフス

昨日、観戦した。TVの画面越しに伝わってくる現地の盛り上がり振りが羨ましかった。

試合内容だが、チーフスやや有利という見方を覆し、ハイランダーズの動きの方が良かったように思えた。しかし、チーフスもエンジンがかかり出すと俄然面白くなった。あそこまでのシーソーゲームになるとは想像出来なかった。
感心したのは、コロナウイルス禍による中断期間が長かったにも関わらず、下らない凡ミスが少なかったという点。凡ミスが少なかったからこそ、試合がブツ切りにならなくて良かった。そこまでチームを仕上げ直した両チームのコーチングスタッフ、それに応えた選手達は凄いね。流石、ラグビー大国。

そんな試合の最終盤に起こったドロップゴール合戦。チーフスのマッケンジーの一本で逆転して、試合の趨勢が決まったかと思いきや、すぐ後にハイランダーズのガットランドの一本!ゲスト解説の中村選手(サントリー)のコメント、『最低の親孝行ですね。』がウケた(笑)。チーフスのガットランド監督の息子なんだよね。
そしてノーサイド。選手達のやりきった表情、観客の盛り上がり、どれもこれも羨ましかった。ようやくラグビーが始まった。日本国内で、という訳では、未だないがそれでも良かった。

今日は ブルーズーハリケーンズ戦。今日も熱戦になるんだろうな。リアルタイムでは観れないのが残念だ。






(SO-03K)
2020/06/14 06:32
編集削除

1382☆ああ

今日からスーパーラグビーが再開!
国内ラウンドのみという変則的な形とは言え、まずはNZのスーパーラグビー・アオテアロアが開幕する。

今日のハイランダーズーチーフス戦、明日のブルーズーハリケーンズ戦、どちらも前売り券はほぼ完売状態なんだとさ。くぅ*羨ましい!
スーパーラグビーは最近は観客動員が振るわなかったと言われていたが、何という掌返し(笑)。やはりニュージーランドの人々にとって、ラグビーは必要不可欠な存在なんだね。

自分も、今日はどこかで観る予定。


(SO-03K)
2020/06/13 07:26
編集削除

1381☆ああ

サンウルブズの参戦が叶わなかったスーパーラグビーのオーストラリアラウンドだが、7月からの開催が正式決定となった。

12週間に渡って行われる。今のところは無観客試合での開催となっている。FOXテレビの中継は決まっているそうだが、NZのアオテアロア大会と対照的に余り盛り上がってないのだとか。
オーストラリアに於いては、15人制のラグビー・ユニオンは必ずしも人気があるスポーツ競技とは言えないからな。13人制のラグビー・リーグやオージー・フットボールの方が人気があるとよく言われている現状がある。それにサンウルブズの参戦を断ったからな(←せーの、しつこい!)。
まぁ、観客を入れるようになれば違ってくるかも知れないね。

そして、スーパーラグビーの南アフリカ国内ラウンドも8月から始まるという計画もあるらしい。ハグアレスの参戦は無理そうだが、スーパーラグビーを除外されたチーターズとキングズを参戦させるそうだ。もう少し具体的な計画が発表されるのを待つかな、こちらは。

(SO-03K)
2020/06/10 16:00
編集削除

1380☆ああ

スーパーラグビーでのサンウルブズの活動は終わった訳だが、スーパーラグビーに於いて又もや激震と言うべきニュースが入ってきた。

サンウルブズを除外する開催フォーマットは2021、2022年が対象だが、その2シーズンへの参戦をアルゼンチンのチームであるハグアレスがキャンセルする!という発表がなされたのだ。
理由はやはりコロナウイルス禍。南アフリカカンファレンスに属するハグアレスは、各国の入国制限が今後どのようになるかが不透明な為に2年分の参戦をキャンセルしたそうだ。本当なら、2022年以降も2030年まで参戦延長の話もあったらしいが、それもペンディングとなったそうだ。

南アフリカカンファレンスのチームはスーパーラグビーから抜けたがっているのは知られているが、それも2022年シーズンが終わってから始まる話。2021年シーズンさえ始まってない今の時点でのハグアレス参戦キャンセルは放映スポンサー契約も絡んできて、相当揉めそうだ。
コロナウイルス禍が収束しなければ、国を超えた移動もままならない。もうじき始まるスーパーラグビー・アオテアロア(NZ国内限定ラウンド)やスーパーラグビーオーストラリアラウンドのように、国内限定ラウンドでしか2021年シーズンは開催出来ないとまで言われている。

スーパーラグビー、その存続が大きく揺らいでいる。先日発表された、トップリーグの年間優勝、準優勝チームがスーパーラグビーのファイナルラウンドに進むという話も「有り」になるのかも知れない。


(SO-03K)
2020/06/06 11:29
編集削除

1379☆ああ

終わり。

既報ではあるが改めて。サンウルブズの、スーパーラグビーオーストラリアラウンドへの参戦が叶わなかった。これをもって、今年度のサンウルブズの全ての活動が終了となり、同時に5年間のスーパーラグビーのチームとしてのサンウルブズの活動が終わった。

残念極まりない。

しかし、この一連の流れについての渡瀬CEO、大久保HCの記者会見の話から、ギリギリまで参戦の可能性を探るべく交渉をしていたという事を知り得たのは良かった。
有り難うございました。

そして、有り難う、サンウルブズ。どんなに勝てない試合が続いても、応援したい!という気持ちは揺らがなかった。そんなチームが一区切りしなくてはならないのが悔しく、悲しい。
スーパーラグビーのチームとしては終わりだが、何らかの形での存続をお願いしたい。


(SO-03K)
2020/06/04 01:01
編集削除

1378☆ああ

↓又々話が変わっている。
サンウルブズのオーストラリアラウンドへの参戦だが、微かに可能性が復活してきたんだとよ。ソースはスポーツ報知。
これを受けて、サンウルブズの解散の判断は1週間先送りとなった。

まぁ、交渉相手が銭ゲバ・サンザーだけに交渉内容がコロコロ変わるのも仕方ないのかな?兎に角、サンウルブズが試合を出来るようになって欲しい。無観客試合だろうと、国外だろうと、プレーする選手達をファンは応援したいのだから。


(SO-03K)
2020/05/23 10:18
編集削除

1377☆ああ

↓嗚呼、最悪の暗転……。

サンウルブズ、オーストラリアラウンドへの参戦が絶望的になったとの一報が入ってきた。ソースはスポニチアネックス。
やはり、渡航制限の壁がネックになったようだ。何なんだよ、それだったらもっと早く決定してくれって話だ。期待持たせるだけ持たしやがって!

更に最悪な事に、サンウルブズは今月5月一杯をもって解散だとさ!!
この「解散」が恒久的という意味なのか、それとも今年のチームに関しての意味なのか、未だ分からない。だがね、今シーズンのスーパーラグビーは本来のフォーマットは既に崩壊している。何とか、今シーズンのやり直しを来シーズンに実行して貰えないかね?こんな中途半端な終わり方じゃ、サンウルブズが余りにも不憫だ。








(SO-03K)
2020/05/21 21:50
編集削除

1376☆ああ

NZ国内限定の、スーパーラグビー・アオテアロアだが、Jスポーツでの放送が決まった!
第1節は無料放送となるようだ。嬉しいね。

さて、サンウルブズの参戦が未定のスーパーラグビーのオーストラリア限定のラウンドだが、未だ参戦決定の一報は届かない。来週までには決まらないと準備等に影響があるとされているが、どうなるか?


(SO-03K)
2020/05/15 07:39
編集削除


前へ次へ
ツイート